1. トップページ
  2. >
  3. 中国語の入力方法

中国語の入力方法

普段私たちがパソコンやスマートフォンで日本語入力するとき、ローマ字入力やかな入力、フリック入力など様々な方法で日本語を入力しています。中国語も同じように全ての漢字をキーボードに割り当てるのは不可能ですので、何らかの代替方法で入力する必要があります。このような入力方法を日本語ではIME(インプットメソッド)といいますが、中国語では『輸入法』といいます。現在中国で一般的に利用されているIMEは以下のようなものがあります。

拼音輸入法中国で一番利用されているのがピンインを利用する拼音輸入法です。日本語のローマ字入力と同じで、単語の読みにあたるピンインのアルファベットを入力し、それに該当する漢字の一覧から目的の単語を選択します。ピンインの『u』と『ü』はどちらも同じアルファベットですが、前者は『u』を後者は『v』を入力することで代用します。
五筆輸入法拼音輸入法の次に利用されているのが、漢字の一部(部首など)を入力し、その組み合わせに該当する漢字を選択する五筆輸入法です。昔のパソコンのキーボードには五筆輸入法の部首などがキーにプリントされたものもありました。近年はピンインの予測変換などが発展してきたため、利用人口は減っています。
鄭碼輸入法鄭碼輸入法は漢字の筆画の組み合わせによって入力する方法です。五筆輸入法がより大きな構成要素である部首などの組み合わせで入力するのに対し、鄭碼輸入法は漢字の構成要素の最小単位である横線・縦線・はらいなどの筆画の組み合わせで入力します。鄭碼輸入法の利用者は多くはないものの、近年一部の愛好者の間で人気を集めている入力方法です。
注音輸入法台湾でよく利用されている入力方法です。キーボードのアルファベットや数字に対応する注音が定められており、注音から対応する漢字を選択して入力する方法です。
手写輸入法スマートフォンやタブレットなどのタッチデバイスでは直接手書きで漢字を入力する手写輸入法を利用している人も多くいます。